グッピーの親が相次いで大量死した理由|そういえばブラインシュリンプを入れた

4年 ago by in 育成日記 メダカ・グッピー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


先日グッピーの親が相次いで死んでしまうことがありました。

グッピーが死にやすい時期は2月なのか?

 

 

時期的なもの以外に思い当たる要因が・・・

 

 

大量死が起こる前に、一度だけブラインシュリンプを各水槽に入れたのです。

その後、親個体の群死が目立つようになった気が・・・

 

 

厳密には冷凍モノではなく、乾燥ブラインのキューブです。

 

 

今は人口餌しか与えていません。結果は良好で死亡個体も見られなくなりました。

ただ仔が産まれてから3か月になりましたが、親と背ヒレはそれほど変わらないものの(ビックドーサル)、尾ヒレのデルタが小さいように思います。4か月までいけば違うのかしら。

 

 

本当は生餌を使いたいのですが、また死ぬといけないので、産仔したら親を隔離後、溶けた実績が今のところない子供のみにブラインを与えるのも考慮したいと思います。

 

 

◆牡蠣殻も気になる

ちなみに、もう1つ思い当たるのが、メダカ用の牡蠣殻バックを水槽Aと水槽Bに入れました。

あれって入れっぱなしで放置してはダメなんですよね。

牡蠣の匂いが漂うまで入れてしまっておりました。

その水槽Aと水槽Bを種水に水槽Cと水槽Dを作っています。

 

 

グッピーのメスだけが死んでいく

 

現在水槽Cは完全水をリセットしています(旧ブルーレース死亡後、新ブルーレースお迎え時に完リセ)。

水槽A、B、Dは従来のベースのまま水交換の頻度だけ上げています。

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

“グッピーの親が相次いで大量死した理由|そういえばブラインシュリンプを入れた” への2件のフィードバック


[…] グッピーの親が相次いで大量死した理由|そういえばブラインシュリンプを入れた […]

[…] グッピーの親が相次いで大量死した理由|そういえばブラインシュリンプを入れた […]

Leave a Comment