グッピーエイズの発生原因を考えてみた

4年 ago by in 育成日記 メダカ・グッピー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


先日全滅したギャラクシーを復活させるべく、現在その子供を譲っていただいて、それを既存の残った子供(ただしこちらも既に別の血が混ざっている)と掛け合わせて戻し(先祖返り)を行おうとしています。

(対象の系統の純粋なものは既に掛け合わせに使って次世代に移行してしまい、もう持ってらっしゃらないとのこと)

グッピーエイズ(細菌)なのか?|だった1日でグッピーオスメスほぼ全滅

 

 

で、肝心の新旧交雑ですが、再び全滅が起こる可能性を回避するため、グッピーエイズが起こる仕組みを仮定してみました。

 

 

 

◆グッピーエイズの発生する原因の想定理由

新たに迎えたほうの生体がキャリアーとは限らず、既存の水槽にいる魚に問題がある可能性も考えました。

というのは、発症した際同じタイミングで新しく迎えた生体も死にました。

 

 

もし新たに迎えたほうがキャリアなら、抱えている細菌に耐性ががあるはずです。しかし既存の生体と同じタイミングで死亡したということは、細菌に新たな変化が現れたと考えました。

 

 

●既存水槽

・既存水槽の水A

・既存水槽内の生体A

 

 

・新しく迎えた生体B

 

 

まず、既存水槽の水A内に細菌があり、これに生体Bが慣れずに感染して体内で細菌がより有害なものに変化・増殖します。

その後、その生体Bの体内で進化した細菌に、生体Aも耐えられず全滅したのでは?と考えました。

 

 

いわゆるインフルエンザウィルスと同じで、時が経過/感染を繰り返すことで、とんでもない細菌が生まれてしまうのではないかと思います。これが体内に残留することで、いくら水を完全リセットしても生体がキャリアとなり感染してしまう可能性があるのではと。

 

 

 

◆グッピーエイズを回避するための方法を考える

定期的な水リセットや、同じ種類の個体を別水槽に小分けしておくのは必須に思いますが、既存の水槽に新しい魚を迎える(混雑する)際の注意事項として以下のようにしてみました。

 

 

1.新しい水槽を立ち上げる。この際に、既存の生体を育てている水槽の水を種水にする(少し混ぜる)

 

 

2.上記新規水槽に、新しく迎えた生体を入れてしばらく様子を見る。

 

 

3.2週間育てて死ななければ、既存の魚を上記新規水槽に移す。

 

 

そのまま既存水槽に新規魚のドボンはもうやらないようにしようと思います。

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment