メダカにおける透明鱗とは何?(両頬透明鱗)

4年 ago by in 育成日記 メダカ・グッピー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...
透明鱗01


金魚などでも適用される、通常の透明鱗の定義は、鱗に光彩層がなく透明に透けて見える個体を指しますが、楊貴妃透明鱗メダカなどで言われる、「透明鱗」の定義は、加えて以下が必要です。

 

・両頬が赤いこと

 

透明鱗01

紅が載るイメージではなく、内側の赤がほっぺたのように透けている感じです。

 

 

片頬だけしか赤くないもの(片頬透明鱗)や、両方とも赤くないものは、「選別漏れ」の対象となり、透明鱗として認められません。

稚魚や若魚などを販売しているものは、大抵選別漏れを売っています。「若いからまだ特徴が出ていないため未選別」ではなく、「選別済み」です。

透明鱗

上からみた写真だけでなく、側面からの写真も見たいところです。

 

 

もちろん親は優良個体であるのは間違いないので、この「選別漏れ」を掛け合わせることで、親種に出来る優れた個体を作出し直すことは可能です。

少なくとも1から作り直すよりははるかに優良種に近づくことが出来る可能性が高く、安価に入手できたのであれば交配の効率も高くなります。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment