ヤフオクなどにおける、シュリンプやメダカの梱包方法

4年 ago by in 育成日記 コリドラス・プレコ, 育成日記 シュリンプ, 育成日記 メダカ・グッピー, 育成日記 金魚
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...
みかん


ヤフオクでお魚を買うと、他人の発送手段(梱包方法)を学べます。

 

 

基本は、ビニール袋を二重にして(水漏れしないように)生体を飼育している水ごと詰めてから、新聞紙で撒いてクッションにし、直接当たらないようにカイロを添えて(冬の場合。熱帯魚カテゴリーのものは真夏以外は1個カイロを入れておく)、発泡スチロールの箱(保温)に入れて送ります。

発泡スチロールの上箱には、呼吸穴を2個くらい開けておきます。

送付先の相手と連絡を密にし、極力輸送に時間をかけないようにします。

メダカやグッピーなどの魚をヤフオクで発送する際は着指定を14:00~にする

 

 

ここまではだいたい一緒ですが、それぞれの生き物で重視するポイントがあります。

 

 

◆シュリンプ

水温は、その他の生き物よりもシビアでなくても構いませんが、ビニール袋の中にみかんの網袋のようなネットを適当な大きさに切って入れておくと、シュリンプがくっついて落ち着きます。

みかん

 

◆金魚

身体が大きいので、水中の酸素を多く消費します。水温はシビアでなくても構いませんが、「酸素を出す石」を一緒に入れておきます。飼育水は青水のケースが多いですが発送時に入れる水は飼育時の水で構いません。

 

 

◆メダカ

水温は同じくシビアでなくても構いません。かなり冷たくてもよほどでない限り死ぬことはありません。飼育水は青水のケースが多いですが発送時に入れる水は飼育時の水で構いません。

 

 

 

◆グッピー

熱帯魚カテゴリーなので、水温が低いと動かなくなりそのまま死んでしまいます。なので温度はかなり気をつけないといけません。

またオスとメスを別々の袋で送ります。グッピーでは掛け合わせを行う際に処女メスが珍重されます。落札者によっては同じ種類を仔に採りたいと思わずに、自分が持っている別の個体と掛け合わせたいと考えているケースもあります。

他の魚より繁殖力が非常に強いですので、原則落札者の手元に届くまでは、異種だけでなく同種ですら一時たりともオスメス一緒にしてはいけません(人によっては、お迎えしてからすぐに仔が採れるということで同種については、水槽において一緒にしていても歓迎する場合もあります)

 

 

◆ベタ

グッピーと同じく熱帯魚ですが、グッピー以上に水温にシビアです。というより他の魚と比べ「メンタル(ストレス)」要因が大きく影響します。受け取りタイミングをきちんと落札者と都合を付けておかないと、半日や一日の受け取りの遅れが死着に繋がる恐れがあります。出来る限り冬の取引は控えるべきです。

少量の水で飼育できるのでつい甘く考えてしまいますが、生体の精神の安定やヒレの形状、斑の維持のために輸送はかなり気をつける必要があります。終始めんどくさい魚です。

 

 

 

◆プレコ

グッピーほどではありませんが、水温が重要になります。

元々雌雄の区別が付きづらい種類なので、ペアでなく単品で出品することも多めです。

単品出品の場合、気性が荒い傾向にあるオスが選ばれるケースがほとんどです。

 

 

 

水漏れすると、宅配便のドライバーさんが心配したり迷惑をかけることになるので、ダンボール梱包の場合は特に水漏れしないように気をつけます。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment