ヤフオク規定で、メダカや金魚を送付する際「梱包料」を徴収できないことの対処方法

4年 ago by in 育成日記 メダカ・グッピー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


2015/3/3から、ヤフオク出品時に、商品代金と送料以外を別途落札者に支払わせることが禁止されました

ショップ以外が消費税を取ることも禁止です(ヤフオクにストアとして登録してないと、実際にお店であっても消費税相当額はとれません)

これに対する対処ケース(魚などの生き物の場合)には、以下のようなものが出ています。

ヤフオク 送料ビジネスにメス!|梱包料・手数料等を別途徴収することを禁止

 

 

 

◆出品説明に梱包料を徴収する旨記述し、従来どおり梱包料を別途貰うケース

ヤフー運営宛に通報されるたびに、出品を取り消されますが、やむを得ません

 

 

 

◆送料一律1500円頂きます(ただし北海道・離島は除く)というケース

これもヤフオク利用規定違反ですが、「送料(の中に込み代金として)」として梱包料金を貰うケースです。

ヤフオクの規定では、例えばクロネコヤマトを利用するなら、その料金表に記載されている送料以上を要求することは禁止されています。

 

 

 

◆梱包手段を2つに分けるケース

これが一番賢いなと思いました。

 

 

梱包方法を2つに分けるのです。

・無料(通常発送)の場合:ダンボールと新聞紙とビニール袋で送る
・発送に関する有料オプション:発泡スチロール・カイロ・専用ビニール袋

 

 

通常は、他の生き物でない品物と同じようにダンボールで送ります。

それだと死着する可能性があるので、それが嫌なら有料オプションとして発泡スチロール箱による発送も受け付けさせていただきますという方法です。

 

 

もちろんどちらも「死着保証なし」です。

冬だと確実に死ぬので、5~6月以降でないと使えない手段ではあります

(通常発送手段[ダンボール]でも、最短で発送してきちんと取引者が着指定タイミング通りに荷物を受け取ってくれたケースであれば、死ぬことはまずない季節でないとダメ)。

 

 

私は、一番下が一番妥当かなと思いました。

生き物は壊れ物同様、梱包をシビアにしないといけないので、やはり落札額に梱包料が込みではないというのは、出品者側からしてみれば厳しいと思います。

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment