水槽に発生する巻貝は、水質悪化の状況をチェックするバロメーターに使う

3年 ago by in 育成日記 メダカ・グッピー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...
巻貝


メダカやシュリンプ、グッピーをお迎えすると、いつの間にどこで混じってたのかわからないうちに突如現れる巻貝。サカマキガイとか。

多分水草に付着してやってくるのではないかと思います。

巻貝

 

 

あれらは大量に増えても特段問題はありません。

大抵は見栄えが悪いので、ある程度増えてきたらスクレイパーで水槽の壁面にくっついているのをゴシゴシし落として採取してから始末します。

 

 

しかし、アレ。水質を見るのに使えます。

巻貝が水槽の水面付近にたむろしている場合は、水質がかなり悪化している証拠です。早々に水替えをしなければなりません。

 

底砂や水草、水槽の下のほうにくっついている分には、普通にいつもの作業(チェッカーでpHや亜硝酸濃度を試薬で測る)をすればいいでしょう。

 

 

コリドラスやプレコのようにコケ取りにも使えるので、とてもありがたい存在です。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

“水槽に発生する巻貝は、水質悪化の状況をチェックするバロメーターに使う” への2件のフィードバック


| 金魚ラブ
2015年4月4日 返信

[…] 水槽に発生する巻貝は、水質悪化の状況をチェックするバロメーターに使う […]

[…] 水槽に発生する巻貝は、水質悪化の状況をチェックするバロメーターに使う […]

Leave a Comment